4月10日(月)

 今日から新学期。平成29年度入園式がありました。今年度は、年少27名、年中4名、年長1名の入園があり、年中は46名、年長は37名、合計110名でスタートしました。
 桜の花も満開を過ぎて散り始めてはいますが、園庭はサクラの花に囲まれて華やかです。今朝の登園時、門の所に新しい年中・長の子どもたちが集まっていました。子どもたちと挨拶を交わす前に「はと1組の人」と言うと何人かの子どもの口から「はーい。」と言う声が出てきました。入園式に先立って行われた進級式でも私の挨拶の時に、「はと組の人。」と呼びかけると、やっぱり{はーい。」と手が上がりました。子どもたちは、一つずつ進級してもまだ心の中には前の学年の名残があります。これから1日1日園生活を繰り返すたびに、新しい活動を重ねるたびに前の学年の名残が消えて、胸につてている学年の姿に育ってきます。そんな姿を見て、この一年、子どもの成長を共有していきましょう。

IMG 4752 IMG 4747 IMG 4723
IMG 4766  IMG 4778  IMG 4800 4月11日(火)

 1学期2日目の朝、雨と桜の花びらが落ちてくる朝、開門を待ち構えていた子どもたちです。たくさんの荷物を抱えた子どもたちにとって大変な朝になってしまいました。傘を差しながら挨拶をして靴箱に向かっていく年長・中の子どもたちに、進級したので頑張るんだというような心を感じました。
 この日は保護者会がありましたのでその間の様子は分かりませんが、ホールに向かう時に各クラスを回ると保育室で思い思いの遊びを楽しんでいる様子がうかがえました。年少の子どもたちにとっては初めての遊びでしたが、玩具で遊んだり、絵を描いたり、絵本を読んだり等々、一人一人が楽しんでいました。
 年長組、年中組は、今日からお弁当が始まりました。早速当番の子どもが牛乳を運んできました。その間、待っている子どもたちは、私が話しかけても、話し掛けないでと言うようにこちらを見て指を口に当てて「シーッ」と、合図してきました。静かに待っていて先生を驚かせようとしていたのだそうです。子どもたちもよく関替えています!

4月12日(水)

 3日目の朝の子どもたちです。この3枚の写真は、一つのことに真剣に立ち向かっている子どもたちの姿です。子どもの目は、自分が今しようとしていることの一点に注がれています。いい目をしています。子どもが遊びに集中している目です。たまたまカメラでとらえた一瞬の姿ですが、このような姿がどの子どもにも活動しているどこかの時点であるのです。(右2枚の写真が年少児、左が年長児です。)
 幼児にとっては、遊びが学びです。しっかりと遊び込むことが大切です。それが小学校に行ってからの後伸びにつながっていきます。幼稚園では遊びの質を高めていくようにしていきます。

 IMG 4812  IMG 4822  IMG 4831
 IMG 4865  IMG 4885  IMG 4848
4月13日(木)

 午前中の子どもたちの様子です。年少組の子どもたちは、保育室の中やテラスで二人、三人でおままごとをしたり、絵を描いたり、玩具で遊んだりしていました。テラスの隅に6・7人が集まっているので目を向けると、絵本を読み聞かせている担任の周りに集まって聞いている子や、そばで絵本を読んでいる子どもたちでした。
 年中組のクラス別懇談会が行われている時間、年中組と年長組の子どもたちが園庭に出て遊び込んでいました。ブランコの所にはブランコに乗りたい子どもたちが並んで「かーわって」「・・・11,12、13・・・・・。」と、声を合わせて数を唱えている姿がありました。(写真左) 子どもたちの中で「いくつ数えたら代わる」というルールをつくって、代わる代わる乗っていました。発達段階によって遊びのルールを子どもたちで作っていくことも、幼稚園では大切にしていることです。初めは先生がルールを考えさせて一緒につくることから、子どもたちが話し合いながらルールをつくっていくことへと導いていきます。それが子どもたちを自立させていく教育ですね。

4月14日(金)

 週末になりました。子どもたちにちょっぴり疲れが出ているのでしょうか?
 朝、門で子どもたちを迎えていると桜の花びらが雪のように舞って体にかかってきました。年中組の脇には大きな桜の木が迫っているのでテラスの隅には花びらがたくさん集まっていました。それを見つけた3,4人の子どもが、花びらを両手で集めて花吹雪を降らし、舞い落ちていく花びらを見て楽しんでいました。(写真右)
 今日は、CAJの高校生十数名が授業の一環のボランティアで午前中、子どもたちと遊びに来てくださいました。日本語がよく分かる学生もいればよく分からない学生もいましたが、皆、子どもたちの遊びの中に入ったり、年少組では着替えを手伝ったりしていました。(写真中) 子どもたちも学生さんたちにすぐに慣れ、いいお兄さんお姉さんが来たとばかりに遊び相手にしていました。
 年中組と年長組は、園庭でも遊びました。特に年長組ではCAJの学生さんが考えた宝探しをしたり、中当てをしたりして交流しました。

 IMG 4947  IMG 4904  IMG 4919
 IMG 4999  IMG 4980  IMG 4971 4月17日(月)

 3週目となり、年長児による年中・少児への朝お迎えが始まりました。開門時、門の前で待っている年長児の数が先週に比べると増えていました。早速、近くにいる年中・少の子どもたちの手を取って靴箱の所まで送ってもらいました。年長児もまだ慣れていないので手を取ることに躊躇している子ども、手を引っ込めてしまう年中・少児もいました。送り届けて戻って来た年長の子の顔には満足げな表情がうかがわれました。しばらくの間、年長の子どもたちが活動を続けていきます。
 年中組では登園した後には園庭でしっかりと遊びました。遊具の遊び方が描いてある掲示物の前には「何て書いてあるのだろう」と数人の子どもたちが見ていました。今日から始まる園庭遊びではお子さんと一緒に確認してください。
 池の周りでは中を覗き込んでいる子がいました。桜の花びらが浮いている隙間にいるオタマジャクシを探しているのです。先週末には同じようにオタマジャクシを探しているうちに池に落ちてしまった男の子がいました。
 年少の子どもたちは、今日、二つの初めてのことをしました。一つは、クラス毎に園内めぐりをしたこと、二つ目は、今日からお弁当が始まったことです。園内めぐりでは年長・中の保育室を中心に見ていました。好奇心旺盛なためか1列に並んでいくのも列が乱れ気味でした。お弁当では比較的スムーズに仕度もでき楽しそうに食べていました。「なでしこひろば」を経験している子どもが多っかたせいか、担任の手をあまり煩わせずに一人一人が仕度をよくしていました。

4月18日(火)

 今朝は、雨が降り止んですぐのために園庭が使えなかったので、子どもたちは、保育室やホールで遊んでいました。年少・中はおもちゃ、年長は迷路で遊んでいる子が多かったようです。ホールでは年長の子どもたちがサッカーやバドミントン、中には床の隙間を覗き込んで隙間の中がどうなっているのか見ている子もいました。
 年長の2クラスの朝の集まりではしっかりと口を開けて歌っている姿が印象に残りました。大きく口を開けて歌う姿はいいですね。
 年中組では鯉のぼり制作が始まりました。今日は、鯉のぼりの鱗づくりをしました。はさみの使い方です。鱗の三角を一枚一枚切り取りました。真剣な目つきではさみを動かしています。
 年少組のお弁当準備を覗いていると、水道まで行き石鹸で手を洗った後、コップを持ってきてうがいを始めていました。お弁当2日目ですが、子どもたちは、遅い速いの違いはありますが、自分の力で準備をしている子どもが多いなと感じました。プレに来ていた子が多いので手際が分かっているためでしょうか・・・。

 IMG 5031  IMG 5060  IMG 5091
 IMG 5108 IMG 51460   IMG 5205 4月19日(水)

 鯉のぼりの季節になりました。昨年は、園庭に仮設園舎が建っていたので小さな鯉のぼりしか揚げられませんでした。今年は、大きな鯉のぼりが勢いよく泳いでいます。遊んでいる子どもたちがジャンプして触ろうとしています。
 今日は、年長の子どもたちが10時半ごろまで園庭で思いっきりたっぷりと遊んでいました。スクーター、二輪車、三輪車で遊ぶ子と、砂場で水を使いながら遊ぶ子に分かれていました。途中から年中の子どもたちも交じってきたので砂場は子どもたちで埋め尽くされました。裸足になる子どもたちも続出。その結果が、右端の写真です。テラスの手すりには子どもたちが濡らしたブラウスやスモック、靴下などがずらりと・・・。職員室にも替えの服などを借りに来る子どもたちで一杯でした。汚れも気にせずに泥んこ遊びに熱中する子どもたち、素敵ですね!

4月20日(木)

 運動あそびが今日から始まりました。4月は、年少組の指導はありません。年中組と年長組がそれぞれ学年毎に行いました。体操をしてから友達と関わりながら体を動かす運動をしました。鉄棒ではぶら下がったり逆上がりをしなどもしました。
 年少組は、園庭デビューをしました。クラス毎に1列に並んで、まず、烏骨鶏やウサギ、モルモットを見ました。「さわりたい。」と言う声も聞こえましたが「今日は、ごあいさつだけね。」と歩いて行きました。その後、登り棒やアスレチック、すべり台、ジャングルジム、ブランコなどを回りながら、遊ぶ時の決まりや約束の話を聞きました。最後に砂場に行き、待ちに待った砂遊びをしました。早速シャベルやバケツを持ってきて穴を掘ったり水を入れたり始めました。
 明日から年少組の子どもたちも園庭遊びが始まります。明日からはその場その場で、子どもたちが遊んでいる遊具ごとに繰り返して遊び方を教えていきます。

 IMG 5269  IMG 5323  IMG 5281
 IMG 5369  IMG 5379  IMG 5414 4月21日(金)

 「いらっしゃーい。」「ホットケーキがありまーす。」「熱いホットケーキですよー。」・・・赤いお家に入っていた年少の子どもたちが外に向かって呼びかけていました。クルクルすべり台には登りの階段に子どもたちが連なっています。駐車場に散歩中の近くの保育園児がいたので5,6人の子どもたちがそちらの方にかけて行き、小山の上に集まっていました。ブランコやアスレチックなどにも数人ずつ子どもたちが散らばって遊んでいました。午前中は、年少組の子どもたちが園庭を独占して自分の好きな遊びを楽しんでいました。
 その間、年長組では鯉のぼり制作で、順番に白い紙に色々な色の絵の具で波のように塗っていました。年中組ではホールでリトミックをしていました。年少に楽しんだリトミックのおさらいをしましたが、転入してきた子どもたちも周りを見ながら体を動かしていました。

4月24日(月)

 4月の最終週を迎えました。今日は、4月の誕生会がありました。年長3名、年中5名、年少1名、計9名でした。年少児にとっては初めての経験でしたが、「好きな食べ物は?」という質問に対してしっかりと答えていました。年長になると誕生会での仕事が一つ増えます。エスコートと言って誕生日を迎えた家族の方々を控えの預かりの部屋からホールまでお連れする仕事です。初めて体験した9人の子どもたちは、エスコートするお客さんの手を取ってしっかりと案内することができました。これからの誕生会で、順番に年長の子どもたちが担当しますので楽しみにしていてください。
 今日は、この後、園庭で遊んだり、保育室で制作やリトミックをしたりして過ごしました。

 IMG 5504  IMG 5469  IMG 5465
 IMG 5618  IMG 5551  IMG 5561 4月25日(火)

 年中児にとって初めてピアニカをしました。担任から座り方、ピアニカの置き方、組立て方、持ち方などの話を聞いた後、ケースからピアニカを取り出しました。歌口のついたホースをピアニカの本体に取り付けるのに苦心している子どももいましたが、1回できると分かったようです。
 いよいよ歌口を加えて音出しです。左手でピアニカを押さえ、右手で鍵盤を押さえる、口にくわえて歌口から息を吹き込む等々、たくさんの操作があるのでどこかが留守になることも・・・。みんなが興味をもっているのでこれからの上達ぶりが楽しみです。

 年少組と年中組では鯉のぼり制作をしていました。年少組は、鯉のぼりの胴体の色付けをしていました。ペットボトルに入った絵具を紙に垂らしてにじみ絵のようにしていました。年長組は、色染めした紙を折り、折り目をハサミでいろいろな形に切っていました。今週中には出来上がるでしょう。子どもの日には各家庭で楽しんでください。

4月26日(水)

 内科検診がありました。保健室には年少のはと1組から1列に並んで入ってきました。順調にはと1組は進んでいきました。はと2組になると「いやだ」と泣き出す子どもが2・3人出てきましたが、その後の年中、長は順調に進んでいきました。特に、年長になるとクラスと名前を言ってから検診を受ける子どもたちがたくさんいました。特に、注意を要するお子さんはいないそうです。
 内科健診を終え、年少組でははと1組の保育室に集まり、リトミックを一緒にしました。丁度カエルのうたを歌いながら踊っているところでした。手を耳の脇に当てたり、体を前に倒したりと楽しそうに演じていました。「リトミックが楽しいな」と子どもたちが思ってくれることが初めの1歩です。
 年長組では母の日のプレゼント作りをしていました。折り紙を折ってハサミで切れ込みを入れ、飾りを作っていました。どんなプレゼントになるかお楽しみに・・・。

 IMG 5683  IMG 5666  IMG 5643
 IMG 5690  IMG 5706  IMG 5709 4月27日(木)

 年少の子どもたちも4月末を迎え、朝の集まりでは歌を歌いながら挨拶をし、今月の年少の歌である「チューリップ」をかわいい動作を入れながら写真のように歌っていました。集まりの前にしっかりと遊んだ後なので今日の主な活動も落ち着いて進めていくことができています。
 学年始めなどで2回目の運動あそびも学年合同で行いました。子どもたちは、園庭中を走り回ったり、鉄棒をしたりしました。
 年長組や年中組ではピアニカもしました。年長組では年中組の時に練習した曲を、初めは音を出さないで指だけで鍵盤で弾き、次に歌口をくわえて音を出して弾きました。また、男の子だけ、女の子だけなど互いの音を聴きながら練習しました。年中組ではピアニカの持ち方を始めとして基本的なことを繰り返しました。

4月28日(金)

 4月最後の保育日に今年度初めての避難訓練がありました。今回は、保育室や年度が替わったということで避難の仕方が分かるというねらいで行いました。
 年少組にとっては初めてのことです。地震が起こったという放送がありましたが、年少の子どもたちは静かに放送を聞いたまま避難行動に移らないままでいました。
 そこで避難訓練の放送があった時は、どうすればよいか担任から子どもたちに話しながら実際に行動に移していきました。今日の訓練は地震なので机の下の潜り、机の脚を持ち頭を隠すこと。「避難する」と指示があった時、防災頭巾をかぶること。二人で手をつないで並ぶこと。ブランコまで歩いて行くことなどです。一つ一つ確認しながらみんなで歩いて避難するところまで練習をしました。子どもたちが一番苦労したことが防災頭巾をかぶることでした。どのように被ればよいか、初めてのことなのでなかなかできませんでした。5月の訓練までに練習を繰り返してしていくそうです。
 年中・長の子どもたちは、外階段を下りてブランコ前までの避難経路までを体験しました。
 避難訓練の後は、リトミックやプレゼントづくりなどをして過ごしました。

 IMG 5745  IMG 5753  IMG 57560