災害に備えての準備を


 今年は、6月末からの猛暑は、衰えることなく8月も続きました。今年は、台風の発生も多く、2学期にもいくつもの発生が予想され上陸の心配もあります。幼稚園では鉄棒脇に植えてあった第一回卒業生の卒業記念樹の八重桜の古木が枯れてしまい、抜根しました。鉄棒とタイヤの間に空間ができ遊びスペースがちょっぴり広がりました。また、今年も桜や梅の木の周りには沢山の穴があいており、セミの脱け殻が木の葉や幹に付いており、たくさんの蝉が羽化した跡が見られました。百日紅の枝先には紅色の花が房になって垂れ下がるように咲いています。畑のサツマイモは、順調に育っているように見えますが、カラカラの天気が続いていたので乾燥による育ちが心配です。最近の不作続きで農協の方にも相談し、先生方も夏休みにも畑のことを気にかけていました。今年こそ充実した秋の実りがあることを期待しています。

 7月末に年少組前のテラスの改修工事を行いました。今まで段差があり子どもたちには不便をかけていましたが、クッション性のあるシートですので遊びの場としても子どもたちが利用できそうです。

 今年の7月末の夏季土曜保育では台風12号の影響で中止とさせていただきました。ご協力ありがとうございました。また夏休み後半の夏季保育では8月のお誕生会を行い、久々に会った友達と10人の誕生日を迎えた子どもたちのお祝いをしました。久し振りに登園して正門で挨拶する子どもたちの声や仕草に成長を感じました。

 さて、9月1日は防災の日です。大正12(1923)年9月1日に起きた関東大震災にちなんで、また台風などの災害への備えを怠らないようにとの戒めも込められて59年程前に制定されたものです。本園では4日に緊急災害時の『引取訓練』を行います。関東大震災が起こってからすでに95年経ちますが、今回の防災訓練では東久留米に近い立川断層帯の直下型地震を想定してのものです。緊急災害時にはお子様の安全を幼稚園で確保しますが、最終的には保護者の方にお子様を確実に引き渡すことになります。今回も東日本大震災時の連絡状況を基に、一斉メール送信を活用して円滑に幼稚園から皆様に連絡すること。保護者の皆様が交通機関等を使えないことを想定しながら個々に対応していくことが訓練のねらいです。幼稚園では指定されている引取者が来られるまでお子様を確実にお預かりしています。各ご家庭では1年に1回のこの機会に緊急時の避難場所や引取方法について改めて確認しておくことが大切でしょう。

 最後になりますが、2学期は、ダイコンの種まき、運動会、遠足、芋掘り、焼き芋パーティー、発表会、ダイコン掘り、豚汁パーティーなど様々な活動や体験を通して学んでいく行事が盛りだくさんあります。教職員一同、新たな気持ちで2学期を迎えます。どうぞよろしくお願いします。


  R00191600  R0019174