園長室から(30年度)1 印刷
1月8日(火)

 3学期が始まりました。9時。正門には十数人の子どもたちが登園していました。「おはようございます」 子どもたちの元気いっぱいの声に「おはようございます」と答えると保育室に足早に向かていきました。年少の子どもたちが先生と挨拶をして話をしている姿が見られました。
 保護者会に向かう時にクラスに立ち寄っていきました。年少組では友達と関わりながら隅の方にかたまりながら遊んでいる姿がありました。年中組ではチューリップの鉢に水やりをしている子どもたちがいました。「土が乾いているのでお水を上げているの」と答えていました。年長組の数人の子どもたちは、屋上のトランポリンで気持ちよさそうに跳びはねている姿がありました。部屋ではピアノを弾いたり、数人のグループで思い思いの遊びをしていました。
 始業式の入場を待っている年少の子どもたちに「すごい。かっこいいね。お母さんたちにかっこいい姿を見せようか」と声をかけると、みんなの表情がキリッとしました。その姿から「成長しているなぁ」と実感しました。

IMG 0948  IMG 0917   IMG 0888
IMG 1079  IMG 1024  IMG 1028 1月9日(水)

 「子どもは風の子」と言われていますが、今朝の子どもたち、特に年少の子どもたちは、まさに「風の子」でした。身支度を整えるとみんな園庭に出てフラフープ、ブランコ、砂遊びなど好きな遊びを至る所で楽しんでいました。
 年中組は、子どもたちが保育室に5か所くらいに分かれて遊んでいました。お弁当作りをしている子たち、色ビニル袋、折り紙や紙テープなどを使って衣装や飾りを作り、身に付け、更に工夫して作っている子たちが目に入ってきました。
 年長組は、半分以上の子どもたちが保育室で思い思いの遊びをしていました。色紙を溶かして作ったジュースをペットボトルに入れてずらりと並べて遊んでいる子たちに声をかけると、「これは、カルピス、」「これは、ソーダ―水」などと説明してくれました。スズランテープの片方を床にセロハンテープで留め、長い紐を編んでいる子どもたちがいました。凧揚げに使う紐を作っているとのことです。
 そして、年少組では明日の「おもちつき」の練習をし、その後に、凧作りをしていました。作り終えた子どもたちは、みんなで風が強く吹く園庭に出て、走り回りながら凧揚げを楽しんでいました。

1月10日(木)

 今朝の寒さで池には薄く氷が張っていました。今日は、お父さん、お母さん方のお手伝いを頂いておもちつきをしました。
 8時40分ごろから準備を始め、9時40分ごろからもち米の一段目が蒸し上がったのでお父さん方が餅つきを始めました。初めから杵でつくのではなく、米粒が見えなくなるまで杵で押しつぶしていきます。これでお餅が8割位できたことになります。最後に杵を振り上げていわゆる餅つきをします。
 子どもたちも年少組から順番にお父さん方がつきあげたお餅を子ども用の杵を持ってついていきました。子どもたちは、伝統的な「持ち付き」という行事を体験しました。
 その後、保育室でつきあがったお餅を食べました。何回も何回もお代わりをしていた子どもたちです。今年は、18kgのもち米をつきました。
 お忙しい中、お手伝いをしてくださったお父さん方、お母さん方、ありがとうございました。

 IMG 1115  IMG 1201  IMG 1228
 IMG 1431  IMG 1362  IMG 1327 1月11日(金)

 今朝も池には氷が張っていました。先生と一緒に氷を見ている年少の子どもたちもいました。
 年少組は、子どもたちが揃ったところでホールに行きリトミックをしました。中川先生がピアノを弾きながら踊りやリズム打ちのポイントを押さえて指導していました。子どもたちがリトミックをする姿を見ると、「ずいぶん上達したなぁ」と思いました。その後、保育室に戻ると折り紙制作で「雪だるま」を折りました。折る工程がいくつもあり、工程ごとに折った折り紙を見せながら活動していきました。大小の胴体と頭に載せるバケツを折り、子に炉の色画用紙に糊付けしていました。一人一人の力作ばかりです。
 年中組は、ペープサート作りをしていました。顔と胴体を台紙に張り、好きな色画用紙を選んで目、口、鼻や髪の毛などハサミで切り取り、それを顔に貼っていました。顔の形は同じでも表情が一人一人違った人形ができあがりました。これからペープサートを使ってのお話会があるのでしょう。
 年長組では紙版画作りをしていました。先日、画用紙一杯に大きく描いた自分の顔の絵の輪郭をハサミで上手に切っている子どもたち。別の画用紙にその絵を見ながら目、眉毛、鼻、口などを鉛筆で写し取って、ハサミで切り抜き、下絵に貼っていきました。

1月15日(火)

 年少組は、体操着に着替えてホールに行きリトミックをしました。子どもたちのリトミックの上達ぶりは、発表会での劇あそびにも関係あるのが、2学期後半から目を見張るものがあります。写真は、音を立てずにジャンプするために膝を曲げることを指導されたときに、とてもよくできていた子どもをお手本として舞台に上がらせてジャンプしているところです。子どもたちの意欲を高めるためによくできている子どもにお手本として舞台に上げています。今日も保育室に帰ってきたその子どもに「上手だったね」と褒めるとニコニコして喜んでいました。
 保育室に戻った年少の子どもたちは、先週折った雪だるまの折り紙の背景を描いていました。描き終えた作品を先生に見せに行く子どもの笑顔が素晴らしかったです。
 年長組では先週作った紙版画の摺りをしていました。青インクをローラーによくつけて紙版画の表面に白いところが残らないように縦横に何回も転がしてました。その上に和紙を置き、バレンでしっかりとこすり、先生と一緒にその和紙をそっと版画面から持ち上げていきました。上手に刷れている自画像を見てニッコリしている子どもたちの姿がありました。

 IMG 1460  IMG 1514  IMG 1481
 IMG 1654  IMG 1711  IMG 1586 1月16日(水)

 今日の始めの活動は、年少組がホールでの合同リトミックと月刊本、年中組が園庭あそびと折り紙制作の背景画、年長組が鈴木先生の絵画指導でした。
 年少組の子どもたちは、体操着に着替え、ホールに入るときには裸足になり、2つの円になってリトミックを始めました。今日も繰り返し繰り返し基本の動きをリズムに合わせて踊りました。
 年中組は、登園後から園庭でたっぷりと遊び込んだ後、保育室に戻って先生に読み聞かせてもらった「だるまちゃん」の絵本の気に入った場面を決めて、背景画を描きました。砂場で遊んでいた子どもたちは、砂場いっぱいにぐるりと川を掘り、水を流し、山を作っていました。「コンクリートを塗らないと崩れちゃうね。」などと話しながら、「こて」のような道具で川のヘリを塗っていく仕草をしていました。子どもたちは、楽しそうに活動していました。
 年長組は、鈴木先生の話を聞いて、鳥を2羽作ることから始めました。頭、嘴、胴体、羽のパーツを色画用紙を切り取って作り、パーツを組み合わせて糊付けして鳥を作りました。次に、画用紙の中央にクレパスで長四角を書き、片方の端から2つの長四角を書き足し、またその端から2つの長四角を書き足すというように次々に書き足していき画面一杯に枝が広がった木を描きました。木が出来上がってからいろいろな色のクレパスで葉を描き込んでいきました。最後に絵の具で木の枝を塗り、緑の葉を描き足して完成しました。

1月18日(金)

 今日は、年中組で粕谷先生の絵画指導がありました。その前の朝の自由遊びでは先日作ったペープサートを使いながら楽しそうに劇遊びをしている子どもたちがいました。
 絵画指導では「自分と友だち」という課題で大きな色画用紙に茶色いクレパスでできるだけ大きく顔を描き、体を描き足していきました。描き終えた子どもたちは、順番に顔や服などに自分が選んだ色を選んで絵の具で塗っていきました。どれも個性豊かな表情の顔が描かれていました。
 年長組は、節分に合わせてオニのお面づくりを始めていました。膨らませた風船の片側半分に新聞紙を貼る活動をしていました。風船が動くと新聞紙が貼りにくいというので、ツーダンクリップを借りて、風船と粘土ケースの蓋をつなげて動かないようにと工夫している子どもがいました。発想がいいですね。
 年少組は、リトミックの後、「せんとあそび」でぐるぐる曲線をクレパスで描いていました。丸を書くことは難しですが、線もしっかりとしてきていてきれいな曲線を描いている子どもが多っかたです。ただ、クレパスの持ち方が上手くできない子どもが何人かいたので手を添えて直しましたが、暫くすると戻ってしまう子どももいました。気付いたら繰り返し正しい持ち方に直していくことが大切ですね。親指、人差し指でクレパスを持ち、中指、薬指、小指を曲げて添えるのですが。

 IMG 1920  IMG 1756  IMG 1736